Q12ビニールクロスに隙間ができた、クギ跡がついてしまった場合は?

クロスの継ぎ目部分にすき間ができたり、クギやピンなどにより穴があいてしまったときは、市販のコーキング材を使って簡単に補修することができます。美しい見映えを保つためにも、知っておくと便利です。

用意するもの

  • 内装用コーキング材(水性アクリル系充填剤)
  • スポンジ

作業の難易度

かんたん

  • STEP 1

    コーキング材

    ①すき間ができている場合は、内装用コーキング材をすき間部分に充填します。
    ②クギ跡がついている場合は、内装用コーキング材を穴の奥まで詰め込みます。

  • STEP 2

    拭き取り

    はみ出した部分は、水を含ませ固く絞ったスポンジで拭き取ります。

カラークロスの場合は、コーキング材に水性絵の具を混ぜて色合わせしよう!

  • ビニールクロスの汚れには、消しゴムが活躍!

    部分的な汚れなら、消しゴムでこすって落とすことができます。クロス専用の消しゴムも販売していますが、文房具の消しゴムを利用してもOK!

ご注意!

強くこすりすぎるとクロスがめくれたり、破れたりする場合があるのでご注意ください。