Q13リフォームの際のルールとマナーは?

リフォームで部屋のイメージを一新したり、間取りを変更することで住まいがリフレッシュできます。その際も、しっかりマナーをわきまえて行うことが大切です。前もって管理組合や管理会社に相談をする必要がありますが、前提としてリフォームができるのは専有部分のみです。また、リフォームを行う際はトラブル防止のため、なるべく近隣へのあいさつを行いましょう。

解説

みんなが気持ちよく暮らすために

  • サッシや玄関ドアは共用部分なので、塗り替えや変更などはできません。

  • バルコニーをサンルームなどに改装することはできません。

  • 電気の幹線や給排水竪管は共用部分なので、手を加えてはいけません。住戸内配管の修繕や大型設備機器の増設などは、管理組合の承認が必要になります。

  • コンクリートの壁や柱などに手を加えたり、クギ打ち・穴あけなどをしてはいけません。