Q14他人に部屋を貸す場合のルールとマナーは?

例えば、転勤などでやむをえず部屋を他人に貸す場合もあります。部屋を他人に貸してもマンションの区分所有者は管理組合員です。毎月の管理費等も支払う必要がありますし、管理組合の総会などにも参加しなければなりません(どうしても参加できない際には委任状の提出が必要)。自分が住んでいなくても協力するようにしましょう。

解説

マンションの区分所有者(貸主)の責任

借り手がルール違反をするとマンションの区分所有者(貸主)の責任になる場合もあるので、どんなルールやマナーがあるのかをきちんと伝えておきましょう。

問題を起こす恐れのある人には貸さない

マンションの区分所有者(貸主)は借り手の詳細を把握し、問題を起こす恐れのある人には貸さないようにしましょう。

貸主の住所・連絡先を管理組合に伝えておく

管理組合からの通知・連絡が届くように、マンションの区分所有者(貸主)の住所・連絡先を管理組合に伝えておきましょう。

貸す場合も、区分所有者の責任があるんだよ。